ふた海屋最新情
 
 
 
 
  
鉄板酒房ふたみ家ちーちゃん8月9日オープン
 
おかげさまで、ふた海屋念願だった飲食店を函館にオープンさせることが出来ました。
これも皆様の応援とご支援があってこそです。本当にありがとうございます。
広島のお好み焼きはもちろん、チカ・ソウハチの燻製、鮮度抜群のホルモン。
どれも、自信をもってお出しできるものと自負しております。
 
是非、お近くお越しの際は、お立ち寄りくださると幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
函館市本町2-9 電話 0138-83-7139 

営業時間
 
27日まで日中、店舗前で工事が行われているため、
昼の営業はお休みさせていただいております。
 
27日までの営業時間 PM5:30~PM11:30(ラストオーダー) 
 
8月28日~ランチ開始 AM11:00~PM2:30 PM6:00~PM12:00
 
 
 
北海道船カレイ釣り選手権 知内大会
 
お陰様で北海道船釣り選手権 知内大会は無事終了いたしました。
ご協力ありがとうございましたm(_ _)m
 
結果は後日、ご報告いたします。
 
 
 
 吉村選手、圧勝!
 
 
乗船予約専用電話番号 090-9521-7887
メールアドレス futamimaru@yahoo.co.jp
                
第三ふた海丸 日本海でデビューしました。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m
2017より釣果情報はこちらです 
 
 
 
 
 
  

 
  出船情報
 
オホーツク海高気圧も弱まり、今週はじめは絶好のヒラメ日和^^v
ヒラメ好調です。
 
週末にかけては、西風中心に代わっていくので、
噴火湾の秋マガレイ釣りも開始いたします。
 
 
21日(月)ヒラメ空5
22日(火)AM募集中 
23日(水)ブリ・タラ空5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 TOPページ
 イベント情報
 2016釣果
 2015釣果
 ふた海屋の紹介
 株主様へのお知らせ
 八雲マガレイの特徴
 予約から乗船まで
 激旨!噴火湾ソイ
 写真館
 ザ・カレイ達人への道
 船カレイ仕掛けについて
 超ビギナーさん!いら  っしゃ~い♪
    道具選び
 お買い得情報
 飲食店様向け食材
 問い合わせ
 リンクコーナー
 魚料理
 ふた海屋・船頭紹介
 カレイ釣りの達人達(北海道判)
 八雲の名店・名所・名湯~勝手に推薦!
 スタッフ募集について
 ふた海屋ネットワーク

 

 

 

 

 

   

   道南風速情報

  


ふた海屋オリジナルカレイ竿 

釣る楽しみを最大限に発揮出来るロッドに仕上がりました。

まんぼうさん、本当に有難う御座います。


① 竿選びのポイント

ただ釣るだけであれば どんな竿でも釣れるのですが より快適に楽しく そして           釣れた!では無く釣ったぞー!!って思える釣りをするなら 竿の差で                 その思いは大きな差になります

値段が倍する竿だからと言って 倍の釣果がある訳ではありませんが                 少なくとも倍以上の楽しさと充実感を感じる人は多いはず

長い目でみると 高価な竿は 安価な竿より丈夫で 修理もメーカーが対応してくれるし       あと中古市場でも余り値崩れしないので 損はないはずです 

うち(ふた海屋)のように買取もしている店だと そのまま現金で受け取っても             下取りに出して 差額のみで新品が買えたりで 結構お得なんですよ~

ちょいと話が横道にそれましたが 後記するリールにも同じ事が言えますので             ご参考にしてみてください

さてさて具体的な選び方ですが メーカーさんの竿だと シマノ・ダイワ・がまかつの          3社が積極的にカレイ竿を作っています その他サクラやKT関東がありますが            どのメーカーも信頼できる会社です

まずは長さですが120cmから160cm 位のものが扱いやすくお勧めです

ただ一般的には160cmから210cmのものが多く発売されています 何故か・・・

その長さが どんな状況でも 一番 当たり障りが無いからだと思っています

竿は短い方が 感度も良いし 船上でも邪魔にならないし 取り回しが楽なので            良いのですが 短いが為のデメリットがあります

それは 波やうねりがある時に 竿の上下だけでは 船の上下動を交わしきれず          仕掛けが浮きやすくなる事 大物が釣れた時に 魚の引きを吸収しきれないで            ラインが切れたりしやすいという点です

ただ、慣れて来ると その魚とのやり取りが楽しくなったり 交わすテクニックも身に         付いてくるので ベテランほど短竿に向かう傾向があります

長い竿の長所・短所は短竿の逆です 総合的に考えると 最初の一本目は          160cm位が無難です

ちなみに私は110・140・150cmの3本を状況に応じて使い分けています

次のポイントは竿の調子(硬さや曲がるバランス)です

竿の硬さは漠然的ですが 対応する錘の号数で表されます 錘は数が大きい程           重くなる訳ですが 噴火湾で使う錘の号数は20号から40号です

それに合わせて竿も製造されるので 大まかに東北や北海道では20号前後の竿と         40号前後の竿が多く発売されています

竿の表示号数からプラス10号位までの錘が一番誘いやすいです

問題は竿の曲がるバランスです これが一番好みが分かれます

大きく分けると 魚の当たり重視派と喰い込み重視派に分かれるのですが               こればかりは絶対に これが良いとは言えません

あたりも明確に分かり 喰い込みもスムーズにいく柔らかさがあり 大物が掛っても          しっかりと胴にのって粘ってくれる竿が最高なのですが 今のところメーカー              には存在しません

が・・・・あまり大きな声では言えませんが あるんです^^v

私が仙台にいた時からお付き合いしてる 石巻市のまんぼうさんの手作りロッド!          竹とグラスソリッドのコラボロッドです

噴火湾のマガレイに合わせて ふた海屋オルジナルで作っていただきました             長さは1.3モデルと1.4モデルの2種類

私も 使っているのですが これを基本にして 今度作るのは更に進化させています

興味のある方は ご気軽にお問い合わせください

② リール

船カレイでは 仕掛けを遠くに投げる必要がないので 両軸のリールを使います           スピニングリールでも可能ですが 船カレイでは両軸リールの方が                   明らかに使いやすいです

              

                    シマノ カルカッタ200 300           

               いろいろ使った中で一番信頼感があります              

               自信を持ってお奨めいたします