ふた海屋最新情
11月20日より2018初売り回数券予約開始いたします
詳細は、お買い得コーナーにてご確認下さい 

回数券完売御礼
おかけで様で2018年初売り回数券は完売いたしました
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

 北海道船カレイ釣り決勝大会
 
不安定な天気で、残念ながら12月2日の決勝大会は中止になりました。
現在来年の4月に決勝大会を開催予定で調整中
 
 
  北鰈会ブログでご確認下さい。
 
  
鉄板酒房ふたみ家ちーちゃんニュース
 
大変お得なアプリが出来ました。ぜひダウンロードしてからお越しくださいm(_ _)m
 
 
 
 
函館市本町2-9 電話 0138-83-7139
 

 
 
 
北海道船カレイ釣り選手権 知内大会
 
お陰様で北海道船釣り選手権 知内大会は無事終了いたしました。
ご協力ありがとうございましたm(_ _)m
 
結果は後日、ご報告いたします。
 
 
 
 吉村選手、圧勝!
 
 
乗船予約専用電話番号 090-9521-7887
メールアドレス futamimaru@yahoo.co.jp
                
 
2017より釣果情報はこちらです 
 
 
 
 
 
  

   出船情報
 
18日 ソイ空4
19日 ソイ空7
20日
21日
22日
23日 ソイ空2
 
   
 

 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 TOPページ
 イベント情報
 2016釣果
 2015釣果
 年間釣り物・予約状況
 ふた海屋の紹介
 八雲マガレイの特徴
 予約から乗船まで
 激旨!噴火湾ソイ
 写真館
 ザ・カレイ達人への道
 船カレイ仕掛けについて
    アクセサリー類の使い方
 超ビギナーさん!いら  っしゃ~い♪
 お買い得情報
 飲食店様向け食材
 問い合わせ
 リンクコーナー
 魚料理
 ふた海屋・船頭紹介
 カレイ釣りの達人達(北海道判)
 八雲の名店・名所・名湯~勝手に推薦!
 スタッフ募集について
 ふた海屋ネットワーク

 

 

 

 

 

   

   道南風速情報

  


     仕掛け選び・仕掛け作りがマガレイ釣りで一番楽しい作業かもしれません!

このコーナーでは、お客様から一番多く聞かれる質問で「どの仕掛けがいいの?」を深く掘り下げて見たいと思います。

他のコーナーでもかなり深く書いてあるのですが、ここでは更に詳しく書いて行きます。

ただ単に釣るので有れば、どんな仕掛けでも釣れるのですが、どんな釣りをしたいのかで、仕掛け選びは大きく変わってきます。

釣れさえすればいい、とにかく大きいのが釣りたい、人より多く釣りたい、感度重視、強度重視、価格重視、トラブルレスな仕掛けが良い・・・等々 ^^

でも殆どの方は、大きいのを人より多く、釣っていても感度良くトラブルも少なくて、丈夫で価格も安い仕掛けが良い^^vと思いますよね!?

私もその一人です^^;

しかし、その願望を達成するには、長い長い道のりが待ち構えていますよ。覚悟は良いですか^^

私もまだ修行中なのですが、一緒に極めていきましょう^^v

ただ単に釣れれば良いと思っている方は、カレイ釣りが楽しく無くなる可能性があるので、ここから下は読まないほうがいいよ^^

一番最初に、仕掛けに合わせた釣りをするのか、自分の釣りに合わせた仕掛けを選ぶのかをハッキリとさせる必要が有ります。

大会で上位に来たり、いつも竿頭を取っているような方は、その日の天候、釣り場、船頭の操船方法、周りの人の仕掛け・釣り方を冷静に判断し、仕掛けを選んでいます。この作業は本当に楽しい^^。 ただ単に釣れれば良いと思っている人の何倍も楽しんでいるのではないでしょうか?

ただ、その人たちの大半も最初に船に乗ったときは、まずはカレイを釣りたいとか、仲間同士で乗船したのなら、その中で一番大きいのを釣るぞーっていう感じだったのでは^^

話を戻します・・・。 更に達人になるとその仕掛けに合わせた釣りが出来るので、バリエーションはとてつもなく広く、大概の釣りに対応し、好釣果を上げています。

また仕掛けは沢山持っているのに、その仕掛けのコンセプトを理解しないで次から次へと仕掛けを取り替えるような人も良く見かけますが、それはそれで達人に向かう為の大切な階段です。

沢山悩んで、迷った人は地力が付きますから、 どんどん悩んでください^^v

そして更に達人と呼ばれる人や、大会で常に上位に来る様な人は、逆に仕掛けのバリエーションを少なくし、気に入ってる仕掛けで出来る事のバリエーションを増やしていきます。

ちなみに、私が現在使う仕掛けは大きく分けて3種類です。その3種類を基本に、状況によりハリスや針の変更をしたり、がん玉を打ったりします。

そしてカレイ釣り仕掛けの面白さであるアクセサリー類(ビーズ、エッグボール、毛鉤・・・)は仕掛け作りの構造上トラブル回避の為に使用するのと、濁り対策、餌に見せるための発光演出の為に使用します

アクセサリー類はカレイを引き寄せる効果は、間違いなく有ります!しかし一人で船に乗っているのならそれでも良いのですが、たいていは派手な仕掛けを使っている人がいるので、集魚と外道釣りはその人に任せて、シンプルな仕掛けで喰わせる事に専念すれば良いのです。

ですから、仕掛け全体でカレイを寄せるのではなく、錘の種類や動きでカレイを寄せて喰わせる技術を身につける事を心掛けるとカレイ釣りは上達します!

★ロッドと仕掛けの関係

仕掛けばかりに目が行って、仕掛けの事が分かって来た様な気がして来た頃に嵌ってしまう罠が・・・

それが、タックルバランスです。船のカレイ釣りだけではなく、どの釣りでも非常に大切な部分なのですが、結構アンバランスなシステムが原因で釣果が伸びなかったり、大物を逃してしまうケースをがあります

ベイト用・船釣り用のロッドにスピニングリールを使っている人がまだまだ多くいます。カレイの船釣りの先進国・東北では殆ど見ない光景ですが、残念ながら北海道ではまだまだ沢山いらっしゃるのが現実です。

これは、釣り方を否定している訳ではなく、ロッドにもリールにも負担が掛かり、本人にも必要以上の負荷がかかっています。

これはタックルバランス以前の問題なのですが、スピニングを昔から使っていたので使いやすいという理由だけで、両軸リールを使わないのであれば、せめてロッドはスピニング用のロッドをお勧めいたします。

偉そうな事を書いている船頭も、幼少の頃から船釣りと言えば手釣りで、竿と言えば投げ竿と、のべ竿しか知らなかったので、竿の上側にリールを付け、ガイドを上に向けたまま使うことに凄く違和感があったのも事実なのですが・・・^^;

さて、ここまで読んだものの、タックルバランスって何?って思ってる方もいますよね!?

船のカレイ釣りでいうタックルバランスとは、釣り場の潮流・水深・対象魚の種類、サイズ等を考えロッドの長さや調子、リールのサイズ、ラインの種類、号数を合わせ、更にそのシステムと自分の釣り方に合った仕掛けを組み合わせる、又はそのシステムに合った釣り方をする事を指しています。

日本全国、全道までピントを広げると、タックルバランスの幅が物凄く広くなってしまうので、ここでは噴火湾にピントを合わせた説明をします

◎竿の長さと仕掛けの長さは正比例

仕掛けの長さとは、総全長ではなく、錘を基点に、そこから一番遠くにある針までの長さです。

短い竿(120~160)に長い仕掛け(80cm以上)を使うと合わせが甘くなりやすくなります。

これは、潮が早かったり、風で船が流されてラインが斜めになっている時は、

大きな合わせが必要なのと同じです。

カレイにしっかりとフッキングさせるには、最低仕掛けの長さ+αの大きさで合わせを入れないと

フッキングしなかったりフッキングが甘くなってしまいます。

その為、短い竿だと振り幅が大きい長い竿に比べて小さくなるので、より大きな合わせが必要なのです。

短い竿ほど大きなアワセを心掛けて下さい。

あと、胴調子の柔らかい竿の場合は、更に大きなアワセが必要です。

胴で魚の重さを充分に感じる位までアワセを入れないと、フッキングが甘くなります。

◎仕掛けの長さと張り、そしてロッドにマッチしたアワセの入れ方。

道糸・仕掛けに全く遊びが無い状態と仮定すれば、手首の返しだけでフッキングすると思いますが、

基本的に手首の返しだけで素早くあわせるのは、浮き釣り等の技です。

あと、ジギングで大物を釣るときにフッキングを確実なものにする為に、何度も何度も大きくアワセを

入れる方がいますが、カレイには全く不要です。

続く・・・